こころの処方箋

河合隼雄 著

あなたが世の理不尽に拳を振りあげたくなったとき、人間関係のしがらみに泣きたくなったとき、本書に綴られた55章が、真剣に悩むこころの声の微かな震えを聴き取り、トラブルに立ち向かう秘策を与えてくれるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人の心などわかるはずがない
  • ふたつよいことさてないものよ
  • 100%正しい忠告はまず役に立たない
  • 絵に描いた餅は餅より高価なことがある
  • 「理解ある親」をもつ子はたまらない
  • 言いはじめたのなら話合いを続けよう
  • 日本人としての自覚が国際性を高める
  • 心のなかの自然破壊を防ごう
  • 灯台に近づきすぎると難破する
  • イライラは見とおしのなさを示す〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 こころの処方箋
著作者等 河合 隼雄
書名ヨミ ココロ ノ ショホウセン
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1998.6
ページ数 241p
大きさ 16cm
ISBN 4101252246
NCID BA35880334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99008887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想