押入れのちよ

荻原浩 著

失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治39年生れの14歳、推定身長130cm後半の、かわいらしい女の子だった(表題作「押入れのちよ」)。ままならない世の中で、必死に生きざるをえない人間(と幽霊)の可笑しみや哀しみを見事に描いた、全9夜からなる傑作短編集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 押入れのちよ
著作者等 荻原 浩
書名ヨミ オシイレ ノ チヨ
シリーズ名 新潮文庫 お-65-4
出版元 新潮社
刊行年月 2009.1
ページ数 377p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-123034-4
NCID BA88371951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21529848
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想