沈黙のファイル : 「瀬島龍三」とは何だったのか

共同通信社社会部 編

敗戦、シベリア抑留、賠償ビジネス、防衛庁商戦、中曽根政権誕生…。元大本営参謀・瀬島龍三の足跡はそのまま、謎に包まれた戦中・戦後の裏面史と重なる。エリート参謀は、どのように無謀な戦争に突っ走っていったのか。なぜ戦後によみがえり、政界の「影のキーマン」となりえたのか。幅広い関係者への取材により、日本現代史の暗部に迫ったノンフィクション。日本推理作家協会賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦後賠償のからくり
  • 第2章 参謀本部作戦課
  • 第3章 天皇の軍隊
  • 第4章 スターリンの虜囚たち
  • 第5章 よみがえる参謀たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沈黙のファイル : 「瀬島龍三」とは何だったのか
著作者等 共同通信社
共同通信社社会部
書名ヨミ チンモク ノ ファイル : セジマ リュウゾウ トワ ナンダッタノカ
書名別名 Chinmoku no fairu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1999.8
ページ数 435p
大きさ 16cm
ISBN 4101224218
NCID BA42454540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99112476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想