警官の血  上巻

佐々木譲 著

昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。人情味溢れる駐在だった。だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警官の血
著作者等 佐々木 譲
書名ヨミ ケイカン ノ チ
書名別名 Keikan no chi
シリーズ名 新潮文庫 さ-24-12
巻冊次 上巻
出版元 新潮社
刊行年月 2010.1
ページ数 474p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-122322-3
NCID BB00592782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21696694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想