乱鴉の島

有栖川有栖 著

犯罪社会学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に、火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの醍醐味溢れる力作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乱鴉の島
著作者等 有栖川 有栖
書名ヨミ ランア ノ シマ
シリーズ名 新潮文庫 あ-46-5
出版元 新潮社
刊行年月 2010.2
ページ数 511p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-120436-9
NCID BB00944187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21707612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想