ルネサンスとは何であったのか

塩野七生 著

見たい、知りたい、わかりたいという欲望の爆発、それがルネサンスだった-フィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアと、ルネサンスが花開いた三都市を順に辿り、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、フリードリッヒ二世や聖フランチェスコ、チェーザレ・ボルジアなど、時代を彩った人々の魅力を対話形式でわかりやすく説く。40年にわたるルネサンスへの情熱が込められた最高の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フィレンツェで考える
  • 第2部 ローマで考える
  • 第3部 キアンティ地方のグレーヴェにて
  • 第4部 ヴェネツィアで考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンスとは何であったのか
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ルネサンス トワ ナンデアッタノカ
書名別名 Runesansu towa nandeattanoka
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.4
ページ数 338p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-118131-8
NCID BA85585868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21398454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想