死海のほとり

遠藤周作 著

戦時下の弾圧の中で信仰につまずき、キリストを棄てようとした小説家の「私」。エルサレムを訪れた「私」は大学時代の友人戸田に会う。聖書学者の戸田は妻と別れ、イラスエルに渡り、いまは国連の仕事で食いつないでいる。戸田に案内された「私」は、真実のイエスを求め、死海のほとりにその足跡を追う。そこで「私」が見出し得たイエスの姿は?愛と信仰の原点を探る長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死海のほとり
著作者等 遠藤 周作
書名ヨミ シカイ ノ ホトリ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1983.6
版表示 改版
ページ数 357p
大きさ 15cm
ISBN 4101123187
NCID BB03939015
BN01500478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83045416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想