ぶらんこ乗り

いしいしんじ 著

ぶらんこが上手で、指を鳴らすのが得意な男の子。声を失い、でも動物と話ができる、つくり話の天才。もういない、わたしの弟。-天使みたいだった少年が、この世につかまろうと必死でのばしていた小さな手。残された古いノートには、痛いほどの真実が記されていた。ある雪の日、わたしの耳に、懐かしい音が響いて…。物語作家いしいしんじの誕生を告げる奇跡的に愛おしい第一長篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ひねくれ男
  • 空中ぶらんこの原理
  • 手を握ろう!
  • おばけの涙
  • 半分の犬
  • 油断するなよ
  • 歌う郵便配達
  • ローリング
  • 若いってのはいいね
  • サルのお祭り〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぶらんこ乗り
著作者等 いしい しんじ
書名ヨミ ブランコノリ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2004.8
ページ数 269p
大きさ 16cm
ISBN 4101069212
NCID BA68020852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20643323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想