永遠の都  3 (小暗い森)

加賀乙彦 著

初江の子供たちは、三田綱町にある祖父時田利平の病院で生まれた。長男の悠太は天体観測や読書や模型飛行機に夢中、彼の周りには祖父をはじめ刺激的な大人がいる。悠太は妹のヴァイオリンの稽古が縁で、初恋の千束と再会。昭和16年、国民学校六年生の悠太は学友の死にも遇い、ある夜の出来事から虚ろになった母が気になる。昭和17年4月の東京初空襲までの悠太の少年の日の情景。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の都
著作者等 加賀 乙彦
書名ヨミ エイエン ノ ミヤコ
書名別名 小暗い森

Eien no miyako
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 3 (小暗い森)
出版元 新潮社
刊行年月 1997.6
ページ数 394p
大きさ 15cm
ISBN 4101067090
NCID BA31054176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97055295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想