天平の甍

井上靖 著

天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら-在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ…。鑒真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、永遠の相の下に鮮明なイメージとして定着させた画期的な歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天平の甍
著作者等 井上 靖
書名ヨミ テンピョウ ノ イラカ
書名別名 Tenpyo no iraka
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1964
版表示 92刷改版
ページ数 182p
大きさ 16cm
ISBN 4101063117
NCID BA7430758X
BN05071679
BN09874289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64003853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想