地獄変・偸盗

芥川竜之介 著

"王朝もの"の第二集。芸術と道徳の相剋・矛盾という芥川のもっとも切実な問題を、「宇治拾遺物語」中の絵師良秀をモデルに追及し、古金襴にも似た典雅な色彩と線、迫力ある筆で描いた『地獄変』は、芥川の一代表作である。ほかに、羅生門に群がる盗賊の悽惨な世界に愛のさまざまな姿を浮彫りにした『偸盗』、斬新な構想で作者の懐疑的な人生観を語る『藪の中』など6編を収録する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地獄変・偸盗
著作者等 芥川 竜之介
書名ヨミ ジゴクヘン チュウトウ
書名別名 偸盗
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1974.3
版表示 改版
ページ数 190p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-102502-5
NCID BB09107729
BN05132354
BN10326542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91064457
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想