三四郎

夏目漱石 著

熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気侭な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく…。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて「それから」「門」に続く三部作の序曲をなす作品である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三四郎
著作者等 夏目 漱石
小林 勝
書名ヨミ サンシロウ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1950
版表示 5版
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-10-101004-5
NCID BA71402369
BB05610043
BB05978572
BB1710425X
BN05212180
BN08792145
BN15367445
BA71400104
BA71401118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50001106
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想