グッド・バイ

太宰治 著

被災・疎開の極限状況から敗戦という未曽有の経験の中で、我が身を燃焼させつつ書きのこした後期作品16編。太宰最後の境地をかいま見させる未完の絶筆『グッド・バイ』をはじめ、時代の転換に触発された痛切なる告白『苦悩の年鑑』『十五年間』、戦前戦中と毫も変らない戦後の現実、どうにもならぬ日本人への絶望を吐露した2戯曲『冬の花火』『春の枯葉』ほか『饗応夫人』『眉山』など。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グッド・バイ
著作者等 太宰 治
書名ヨミ グッド バイ
書名別名 Guddo bai
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1972
版表示 改版
ページ数 322p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-100608-6
NCID BB00256049
BN04537747
BN11243280
BN12138838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75061415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想