走れメロス

太宰治 著

人間の信頼と友情の美しさを、簡潔な力強い文体で表現した『走れメロス』など、安定した実生活のもとで多彩な芸術的開花を示した中期の代表的短編集。「富士には、月見草がよく似合う」とある一節によって有名な『富岳百景』、著者が得意とした女性の独白体の形式による傑作『女生徒』、10年間の東京生活を回顧した『東京八景』ほか、『駈込み訴え』『ダス・ゲマイネ』など全9編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 走れメロス
著作者等 太宰 治
書名ヨミ ハシレ メロス
書名別名 Hashire merosu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2005.2
版表示 74刷改版.
ページ数 300p
大きさ 16cm
ISBN 4101006067
NCID BA52743078
BA72482603
BA82762049
BN05134939
BN0991922X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20865693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想