もし僕らのことばがウィスキーであったなら

村上春樹 著

シングル・モルトを味わうべく訪れたアイラ島。そこで授けられた「アイラ的哲学」とは?『ユリシーズ』のごとく、奥が深いアイルランドのパブで、老人はどのようにしてタラモア・デューを飲んでいたのか?蒸溜所をたずね、パブをはしごする。飲む、また飲む。二大聖地で出会った忘れがたきウィスキー、そして、たしかな誇りと喜びをもって生きる人々-。芳醇かつ静謐なエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スコットランド
  • アイルランド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もし僕らのことばがウィスキーであったなら
著作者等 村上 春樹
書名ヨミ モシ ボクラ ノ コトバ ガ ウィスキー デ アッタナラ
書名別名 Moshi bokura no kotoba ga uisuki de attanara
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2002.11
ページ数 122p
大きさ 16cm
ISBN 4101001510
NCID BA59383673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20330778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想