快楽でよみとく古典文学

大塚ひかり 著

教科書に載っている古典文学には、もっとすごい話があった!『源氏物語』『栄花物語』『日本霊異記』『古事記』『万葉集』…名前だけで頭の痛くなるような名作たち。ところが実は、倫理観0、ハレンチ系週刊誌も真っ青な快楽、恋愛、性愛のるつぼなのです。恋するあまり大便をなめ、養女や息子の妻にも手を出そうとする。全力で恋してHなことばかり考えていた平安&古代人の、おかしくも身につまされるエピソード集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 性愛の古典
  • 第1章 "恋"に費やす膨大な労"力"
  • 第2章 "見る"は結婚のはじまり
  • 第3章 "夜"が"離"れ、"枯"れていく恋
  • 第4章 "すき者"どもの禁断エロス
  • 第5章 "蜘蛛"の動きも"眉"の痒さも見逃さないスピリチュアル主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 快楽でよみとく古典文学
著作者等 大塚 ひかり
書名ヨミ カイラク デ ヨミトク コテン ブンガク
書名別名 Kairaku de yomitoku koten bungaku
シリーズ名 小学館101新書 097
出版元 小学館
刊行年月 2010.12
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825097-4
NCID BB04502511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21859346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想