封殺鬼  鳴弦の月

霜島ケイ 著

愛し抜いた女を喰らい鬼となった酒呑童子は、盗賊仲間と異なり己のみが年をとらず若い姿のままでいることに苦しんでいた。そんな時、安倍晴明と名乗る老陰陽師と出会う。彼は酒呑童子を本名の鬼同丸と呼び、その苦しみを分かっているようで…。そして晴明との出会いは、同じ不老不死の哀しみを抱える鬼・雷電との出会いでもあった。表題作『鳴弦の月』と、同じく平安時代を舞台にした『影喰らい』を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 封殺鬼
著作者等 霜島 ケイ
書名ヨミ フウサツキ
書名別名 鳴弦の月

Fusatsuki
シリーズ名 小学館ルルル文庫 ルし2-7
巻冊次 鳴弦の月
出版元 小学館
刊行年月 2009.2
ページ数 245p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-452102-3
全国書誌番号
21542972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想