封殺鬼 : 花闇を抱きしもの  上

霜島ケイ 著

神島桐子は、わずか10歳にして安倍晴明の流れをくむ陰陽道「本家」神島の当主となった。時は大正15年。帝都・東京は死者九万1千人を超した関東大震災から、ようやく立ち上がり、復興しかけていた。しかし、未だ妖魔や怨霊が跋扈してもいた。桐子は平安時代から生き続ける鬼、鬼同丸、雷電の二人の鬼をつれ、帝都に蔓延る霊たちを調伏していたが…?後に天才陰陽師と呼ばれた神島桐子の誕生秘話とは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 封殺鬼 : 花闇を抱きしもの
著作者等 霜島 ケイ
書名ヨミ フウサツキ : ハナヤミ オ イダキシ モノ
書名別名 Fusatsuki
シリーズ名 小学館ルルル文庫
巻冊次
出版元 小学館
刊行年月 2007.12
版表示 復刊
ページ数 219p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-452035-4
全国書誌番号
21339715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想