素晴らしきラジオ体操

高橋秀実 著

ラジオ体操の音楽が鳴り出すと、自然に体が動き出さないだろうか?そういうあなたは立派な「ラジオ体操人」だ。しかし、なぜ、ラジオ体操はここまで日本人に親しまれるようになったのか。本書は、三年の歳月をかけ、大真面目にこの疑問に挑戦した記録である。ラジオ体操の誕生秘話から幾多の変遷を追い、現在も毎日ラジオ体操を続ける「ラジオ体操人」にインタビューを敢行。6分26秒のドラマに秘められた謎に迫る。そこから、見えてきたのは、日本人の素顔と「昭和」という時代の断面だった…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ラジオ体操人
  • 第2章 死なせない広告
  • 第3章 満足なり、皆に宜しく
  • 第4章 ふるえる魂
  • 第5章 自由で平等な気分
  • 第6章 愉快なファシズム
  • 第7章 隠れラジオ体操
  • 第8章 六時三〇分のおつとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 素晴らしきラジオ体操
著作者等 高橋 秀実
書名ヨミ スバラシキ ラジオ タイソウ
シリーズ名 小学館文庫
出版元 小学館
刊行年月 2002.9
ページ数 264p
大きさ 15cm
ISBN 4094181016
NCID BA61034225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20304116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想