もうおうちへかえりましょう

穂村弘 著

正義の味方はもういない。金利はなったくゼロに近い。高度成長期に育ち、バブル期に青春時代を過ごした四十代独身男は、デフレとスタバとケータイに囲まれて、ぼろぼろの二十一世紀を生きている。永遠の女性は、きらきらした「今」は、いつ目の前に現れるのか?故郷も、家族も、夢も、希望も、志も、野望も、立身出世も、革命も、維新も、なにもかもなくなってしまった「今」という時代。白馬に乗ったお姫様がいつか現れて、俺を幸せしてくれるはず、なのに。衝撃的なダメッぷりで話題を呼んだエッセイ『世界音癖』に続く、人気歌人・穂村弘のエッセイ集第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(曇天の午後四時からの脱出
  • 存在と時間
  • 煉獄、或いはツナサンド・イーター ほか)
  • 2(別世界より
  • 夢の中の電話
  • 愛はいつも ほか)
  • 3(文学と人生
  • 車内読書
  • アシホたち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もうおうちへかえりましょう
著作者等 穂村 弘
書名ヨミ モウ オウチ エ カエリマショウ
書名別名 Mo ochi e kaerimasho
シリーズ名 小学館文庫 ほ4-2
出版元 小学館
刊行年月 2010.8
ページ数 200p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-408536-5
NCID BB03002717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想