黒澤チルドレン

西村雄一郎 著

日本映画最大の至宝・黒澤明。彼が世界の映画界に与えた影響は計り知れない。スティーヴン・スピルバーグ、フランシス・コッポラ、山田洋次、宮崎駿ら、彼を師と仰ぐ映画人は、その作品の中に黒澤へのオマージュを捧げ、彼の継承者であることを表明している。そこに表出されているのは、彼らに映画人という人生を決断させた父・クロサワへのリスペクトと愛慕である。偉大なる黒澤の遺産は、どのように受け継がれているのか。著者自身が親しく交わった世界の映画の最前線で活躍する監督、俳優の作品、エピソードから、「クロサワ」の遺伝子を探る異色の現代映画論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 監督篇(外国篇(スティーヴン・スピルバーグ
  • ジョージ・ルーカス ほか)
  • 日本篇(宮崎駿
  • 北野武 ほか))
  • スター篇(男優篇(三船敏郎
  • 志村喬 ほか)
  • 女優篇(香川京子
  • 原節子 ほか))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒澤チルドレン
著作者等 西村 雄一郎
書名ヨミ クロサワ チルドレン
書名別名 Kurosawa chirudoren
シリーズ名 小学館文庫 に19-1
出版元 小学館
刊行年月 2010.6
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-408488-7
NCID BB02457733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21785140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想