ウォールデン森の生活  下

ヘンリー・D・ソロー 著 ; 今泉吉晴 訳

「自分に最善を尽くし、あるがままの自分を生きようではありませんか」。ヘンリー・D・ソローは、一八〇〇年代の半ば、ウォールデンの森の家で自然と共に二年二か月間過ごし、自然や人間への洞察に満ちた日記を基に、本書を編みました。邦訳のうち、小学館発行の動物学者・今泉吉晴氏の訳書は、山小屋歴三十年という氏の自然からの視点で、読みやすく瑞々しい文章に結実。文庫では、さらに注釈と豊富な写真、地図でソローの足跡を辿れます。産業化が進み始めた時代、ソローが自然の中を歩き、深めた思索が、「どう生きるか」を示唆してくれます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第9章 池
  • 第10章 ベイカー農場
  • 第11章 法の上の法
  • 第12章 動物の隣人たち
  • 第13章 新築祝い
  • 第14章 昔の住民と冬の訪問者
  • 第15章 冬の動物
  • 第16章 冬の池
  • 第17章 春
  • 第18章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウォールデン森の生活
著作者等 Thoreau, Henry David
今泉 吉晴
ソロー ヘンリー・D.
書名ヨミ ウォールデン モリ ノ セイカツ
書名別名 WALDEN;OR,LIFE IN THE WOODS

Uoruden mori no seikatsu
シリーズ名 小学館文庫 ソ4-2
巻冊次
出版元 小学館
刊行年月 2016.8
ページ数 437p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-09-406295-3
全国書誌番号
22774695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想