えり子の冒険 : 早すぎる自叙伝

渡辺えり子 著

貧乏生活に耐えた修業時代、劇団の旗揚げから解散、さらに、死を覚悟した一人旅、「ロミオとジュリエット」のような恋愛時代など、18歳で上京した演劇少女、その半生を語る。人気劇団3○○、20年の苦難と喝釆の日々。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山形から来た演劇少女(山形の民話が育んだ、私の物語世界
  • おまえ、なんで太ってるんだ ほか)
  • 第2章 夢と3○○(脇役なんて、存在しない
  • 心一つで、温かくなるのです! ほか)
  • 第3章 華やかさの中の孤独(新生3○○のスタート
  • 劇団は、もう家族じゃないのか ほか)
  • 第4章 芝居が人生(忙しいのに頭は空っぽ
  • 三年しか耐えられなかった劇団のない生活 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 えり子の冒険 : 早すぎる自叙伝
著作者等 渡辺 えり子
書名ヨミ エリコ ノ ボウケン : ハヤスギル ジジョデン
書名別名 Eriko no boken
出版元 小学館
刊行年月 2003.10
ページ数 223, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4093874751
NCID BA63821071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20472968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想