希望荘

宮部みゆき 著

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望荘
著作者等 宮部 みゆき
書名ヨミ キボウソウ
書名別名 Kiboso
出版元 小学館
刊行年月 2016.6
ページ数 460p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-09-386443-5
NCID BB21496062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22745798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想