失われた時を求めて  9(第5篇(囚われの女) 1)

マルセル・プルースト 著 ; 鈴木道彦 訳

語り手はアルベルチーヌをパリに伴って行き、二人の同棲生活が始まる。しかしアルベルチーヌを他の女から引き離してしまうと嫉妬は鎮められ、あとには倦怠しか残らない。アルベルチーヌは真実を語らず、語り手は彼女の行状に疑惑の目を注いで、ありとあらゆる可能性を想像してはひとり苦しむ。そんななかで、語り手はヴェルデュラン夫人のパーティに出かけようとして、ごろつきのような若者を従えてやってくるシャルリュス男爵に出会う。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失われた時を求めて
著作者等 Proust, Marcel
鈴木 道彦
プルースト マルセル
書名ヨミ ウシナワレタ トキ オ モトメテ
書名別名 A la recherche du temps perdu

Ushinawareta toki o motomete
シリーズ名 集英社文庫ヘリテージシリーズ
巻冊次 9(第5篇(囚われの女) 1)
出版元 集英社
刊行年月 2007.1
ページ数 477p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-761028-4
NCID BA8058836X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21170780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想