河童

芥川竜之介 著

その患者23号の語る河童社会は醜悪な制度と奇怪な価値観に満ちていた-。精神を病んだ芥川が痛切な自虐で描い人間社会の戯曲「河童」。半透明な歯車の群れにおびやかされる不安幻想「歯車」。早熟な知性を持ち35歳で死を選んだ芥川の晩年の作品には不思議な美しさが漂っている。遺書「或旧友へ送る手記」を含め6編を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 河童
著作者等 芥川 竜之介
書名ヨミ カッパ
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1992.9
ページ数 298p
大きさ 16cm
ISBN 4087520277
NCID BN15787994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93002305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想