堕落論

坂口安吾 著

「日本は負け、そして武士道は亡びたが、堕落という真実の母胎によって始めて人間が誕生したのだ」生きよ、堕ちよ。堕ちること以外の中に人間を救う道はない、と説く「堕落論」。救われない孤独の中に、常に精神の自由を見出し、戦後の思想と文学のヒーローとなった著者の、代表的作品を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 堕落論
  • 続堕落論
  • 日本文化私観
  • 恋愛論
  • 不良少年とキリスト
  • FRARCE(ファルス)について
  • 文学のふるさと
  • 風博士
  • 桜の森の満開の下

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堕落論
著作者等 坂口 安吾
書名ヨミ ダラクロン
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1990.11
ページ数 257p
大きさ 16cm
ISBN 4087520021
NCID BN13018194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91014298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想