白夜行

東野圭吾 著

1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂-暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白夜行
著作者等 東野 圭吾
書名ヨミ ハクヤコウ
書名別名 Hakuyako
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 2002.5
ページ数 860p
大きさ 16cm
ISBN 4087474399
NCID BA56991060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20273332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想