楊令伝  2(辺烽の章)

北方謙三 著

北の地で苛烈な戦をしていた幻王の正体は、楊令だった。燕青と武松は梁山泊軍への合流を求めるが、楊令は肯んじない。一方、呉用は、江南で叛乱をもくろむ方臘のもとへ趙仁と名乗って潜入していた。梁山泊軍との決着を待ち望む童貫は、岳飛という少年に目をかける。呉用と楊令は会合を持ち、今後の戦略について話し合う。国を揺るがす動乱が、北と南で始まろうとしていた。楊令伝、戦端の第二巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楊令伝
著作者等 北方 謙三
書名ヨミ ヨウ レイ デン
シリーズ名 集英社文庫 き3-68
巻冊次 2(辺烽の章)
出版元 集英社
刊行年月 2011.7
ページ数 395p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746715-4
NCID BB07027582
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21962687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想