そうだったのか!現代史  パート2

池上彰 著

アメリカはなぜイラク攻撃を強行したのか、北朝鮮は何を望んでいるのか、パレスチナはどこに向かうのか。世界はめまぐるしく変動し混迷をきわめている。そしてわたしたち日本人も無関係ではいられない。その世界情勢を理解するには、少し前の出来事を知る必要がある。9・11以降、世界が注目する国や地域の現代史を取りあげた、大好評、池上彰の『そうだったのか!』シリーズ文庫化第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誰がフセインを育てたか イラクが軍事大国になるまで
  • 第2章 アフガニスタンが戦場になった-ソ連軍侵攻と米軍の攻撃
  • 第3章 パレスチナの大地は再び血塗られた
  • 第4章 「モスクワの悲劇」はなぜ起きたのか チェチェンの人々
  • 第5章 北朝鮮はなぜ「不可解」な国なのか
  • 第6章 南アジアは核戦争の恐怖に怯えた インドとパキスタンはなぜ仲が悪いのか
  • 第7章 核兵器の拡散-続く戦後世界
  • 第8章 放射能の大地が残った チェルノブイリの悲劇
  • 第9章 「花の髪飾り」の抵抗 アウン・サン・スー・チー
  • 第10章 二一世紀最初の国が誕生した 東ティモール独立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 そうだったのか!現代史
著作者等 池上 彰
書名ヨミ ソウダッタノカ ゲンダイシ
書名別名 Sodattanoka gendaishi
シリーズ名 集英社文庫
巻冊次 パート2
出版元 集英社
刊行年月 2008.6
ページ数 428p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746312-5
NCID BA81591315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21451936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想