そうだったのか!現代史

池上彰 著

民族紛争によるテロ事件、混迷をきわめるパレスチナ問題、北朝鮮問題など、日々世界中から伝わってくるニュースの背後には、事件に至るまでの歴史がある。そして、その少し前の歴史を知っていれば、ニュースが鮮明になり、世界が読めてくる。「知らない」ではすまされない現代史の基礎知識を、ジャーナリスト池上彰がわかりやすく解説する、現代史入門の決定版。最新情報を加筆し、ついに文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 冷戦が終わって起きた「湾岸戦争」
  • 冷戦が始まった
  • ドイツが東西に分割された
  • ソ連国内で信じられないことがスターリン批判
  • 中国と台湾はなぜ対立する?
  • 同じ民族が殺し合った朝鮮戦争
  • イスラエルが生まれ、戦争が始まった
  • 世界は核戦争の縁に立ったキューバ危機
  • 「文化大革命」という壮大な権力闘争
  • アジアの泥沼ベトナム戦争
  • ポルポトという悪夢:「ソ連」という国がなくなった
  • 「電波」が国境を越えた!「ベルリンの壁」崩壊
  • 天安門広場が血に染まった
  • お金が「商品」になった
  • 石油が「武器」になった
  • 「ひとつのヨーロッパ」への夢
  • 冷戦が終わって始まった戦争 旧ユーゴ紛争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 そうだったのか!現代史
著作者等 池上 彰
書名ヨミ ソウダッタノカ ゲンダイシ
書名別名 Sodattanoka gendaishi
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 2007.3
ページ数 412p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746141-1
NCID BA81591315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21210109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想