みちくさ道中

木内昇 著

人生は、寄り道をしながら進むくらいがちょうどいい。真っ直ぐと「人間」を描く小説を世に送り出し続けてきた著者。ソフトボールに打ち込んだ学生時代、夢の職業だった編集者時代の心持ち、考えたこともなかった執筆への道、何気ない日常生活の一コマ。そして今、小説に込める思いと決意-。直木賞作家・木内昇を形づくる"道草"の数々を集め、新たな一面が随所に垣間見られる初のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まっすぐ働く(先延ばし
  • 妄想的活躍譚 ほか)
  • ひっそり暮らす(弁当三十六景
  • 寂しさの考察 ほか)
  • じわじわ読む(猫は逃げちゃった
  • 999効果 ほか)
  • たんたんと書く(いい気になるな
  • 『漂砂のうたう』のこと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みちくさ道中
著作者等 木内 昇
書名ヨミ ミチクサ ドウチュウ
シリーズ名 集英社文庫 き18-5
出版元 集英社
刊行年月 2017.7
ページ数 223p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-745617-2
NCID BB25847850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22933570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想