性のタブーのない日本

橋本治 著

「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた日本人の姿が浮かび上がる。歌舞伎や浄瑠璃の洗練されたエロチック表現や、喜多川歌麿の錦絵に見られる独特な肉体観など、世界に類を見ない、性をめぐる日本の高度な文化はいかに生まれたのか?西洋的なタブーとは異なる、国民の間で自然発生的に理解されていた「モラル」から紐解く、驚天動地の日本文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • タブーはないが、モラルはある Introduction-現代の日本に性表現のタブーはあるのか?(「性表現の自由」をうっかり語ると笑っちゃう
  • 「性表現の規制」の中の自己規制 ほか)
  • 第1章 それは「生理的なこと」だからしょうがない(世界は具体的に始まる
  • 「子供を作る行為」の始まり ほか)
  • 第2章 「FUCK」という語のない文化(性的タブーとはどんなことか
  • 神様は「まだ早い」と言う ほか)
  • 第3章 男の時代(少女マンガ的な『源氏物語』
  • 肉体関係以外に他人と関係を結ぶ方法はない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性のタブーのない日本
著作者等 橋本 治
書名ヨミ セイ ノ タブー ノ ナイ ニッポン
シリーズ名 集英社新書 0810
出版元 集英社
刊行年月 2015.11
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720810-8
NCID BB19961046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22668585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想