在日一世の記憶

小熊英二, 姜尚中 編

朝鮮半島に生を受けながらも日本の植民地政策に起因して渡日し、そのまま残留せざるを得なくなった人々、およびその子孫-在日。二〇〇三年秋、かれら第一世代の体験談を記録するプロジェクトが始まった。それから五年。民族団体の活動家、文学者、ハングルソフトの開発者、サハリンからの引き揚げ者、被爆者、歴史学者、音楽家、画家、海女、焼肉屋、教会関係者等々、本書に収められた有名無名の五二人の人生は、既存の「戦後/解放後」史のフレームには嵌らない、圧倒的な独自性を有している。東アジアの狭間の時空を力強く生き抜いた魂の証言集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 植民地の『恨』を「アリラン」に託し、語り継ぐ
  • 朝鮮での暮らしと日本での暮らし
  • 映画化された海女の半生
  • 何がなんでも自分の国が一番美しいよ
  • 騙されて北海道の炭鉱に強制連行
  • 三つの協会を建築した牧師の師母
  • 働いて、働いて、働いて
  • 強制連行同胞の遺骨収集し、納骨堂完成
  • 突然、倉庫に入れられて北海道へ
  • 家族を守って〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在日一世の記憶
著作者等 姜 尚中
小熊 英二
書名ヨミ ザイニチ イッセイ ノ キオク
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2008.10
ページ数 781p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720464-3
NCID BA87534948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21494138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想