小説家が読むドストエフスキー

加賀乙彦 著

十九世紀ロシアを代表する作家ドストエフスキー。二十一世紀の今日なお読者を魅了してやまない作品の現代性の秘密はどこにあるのか…。長編小説の名手、作家加賀乙彦が『死の家の記録』『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』の五作品をテキストに、小説の構造、伏線の張り方、人物の造型法などを読み解く。小説に仕掛けられた謎や隠された構造を明らかにするとともに、ドストエフスキーの宗教的な主題に光を当てた画期的な作家論、作品論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『死の家の記録』(ドストエフスキーの読書の思い出
  • 監獄の囚人の心理 ほか)
  • 2 『再と罰』(ラスコーリニコフとは何者か
  • 殺人を見る神の視野 ほか)
  • 3 『白痴』(『白痴』は傑作である
  • ムイシュキンの病気 ほか)
  • 4 『悪霊』(バルザックとドストエフスキー
  • 特異な人物群 ほか)
  • 5 『カラマーゾフの兄弟』(『戦争と平和』と『カラマーゾフの兄弟』
  • カラマーゾフ家の人々の特異性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説家が読むドストエフスキー
著作者等 加賀 乙彦
書名ヨミ ショウセツカ ガ ヨム ドストエフスキー
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.1
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4087203255
NCID BA75141846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想