俺の胃袋は彼女に握られている。

餅月望 [著]

紅亥十切、17歳、高校二年生。種族-吸血鬼。亜人の中でも最強を誇る吸血鬼の彼は、しかし血を飲むと腹を壊してしまうという残念な体質の持ち主だった。唯一まともに血を吸える大財閥のドS少女・翡翠に胃袋を握られ、言いなりになる毎日。ある日、翡翠の持つ『亜人紳士録』を目にした十切は、翡翠以外にまともに吸える血を求めて行動を起こす。十切が出会うのは、戦争に利用するために望まない婚姻を迫られる人狼少女、マスターに命を差し出すことを強制される人造人間、果ては吸血鬼の命を狙う教会のシスターと何故か厄介な相手ばかり!だが十切は自らの胃袋の平安だけを求めて少女たちを救いまくる!変態吸血鬼の無双英雄譚、開幕!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俺の胃袋は彼女に握られている。
著作者等 餅月 望
書名ヨミ オレ ノ イブクロ ワ カノジョ ニ ニギラレテ イル
シリーズ名 ダッシュエックス文庫
出版元 集英社
刊行年月 2015.10
ページ数 258p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-08-631077-2
全国書誌番号
22643112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想