永遠の夏休み : ひかりと本と風と

大岡玲 著

オヤジ共感、少女ボーゼン!昭和の文学少年は、こんなにおバカでラブリーだった!昭和の文学少年の甘く切ない回想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カーテンにくるまり恍惚の世界へ
  • シスターって博愛主義じゃないの?
  • モテる秘訣は甘えん坊にあり
  • だめんず・うぉ〜か〜な女傑たち
  • ヒロシちゃんの"家系誇り"
  • 芸術は目がまわる
  • わが『悪童日記』
  • 知らずに踏みこむ修羅の道
  • "影"の出現
  • 人生はじまって以来の奮起!
  • "大人の時間"の孤独な愉悦
  • "BADの恐怖"におびえつつ…
  • 映画がなければ夜も日も明けぬ
  • 「親は上司」の悲哀
  • プチ不良の日々
  • 恋は何色?
  • 深夜放送の魔術
  • わが友、心身症
  • 楽な大人になりたい
  • 永遠の宿題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の夏休み : ひかりと本と風と
著作者等 大岡 玲
書名ヨミ エイエン ノ ナツヤスミ : ヒカリ ト ホン ト カゼ ト
書名別名 Eien no natsuyasumi
出版元 集英社
刊行年月 2004.9
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 4086090732
NCID BA69281873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20671323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想