キョンシー・プリンセス : 乙女は糖蜜色の恋を知る

後白河安寿 著

文華殿大学士の令嬢・芳玉は、令嬢とは名ばかりのおてんば娘。自称・婚約者の幼なじみがいたり、皇太子の想い人という噂もあるが本人は鈍感で無頓着。そんなある日、芳玉はキョンシーになって街の人々を襲っていた!暴走を止めてくれた道士の黎によれば、芳玉は死んだのではなく、仮死状態にされているらしい。黎に協力してもらい、自分をキョンシーにした犯人を探すことになるが?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キョンシー・プリンセス : 乙女は糖蜜色の恋を知る
著作者等 後白河 安寿
書名ヨミ キョンシー プリンセス : オトメ ワ トウミツイロ ノ コイ オ シル
書名別名 Kyonshi purinsesu
シリーズ名 コバルト文庫 こ17-1
出版元 集英社
刊行年月 2013.10
ページ数 222p
大きさ 15cm
付随資料 書き下ろしミニ小説(3p 13cm 初回限定)
ISBN 978-4-08-601759-6
全国書誌番号
22308969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想