風の王国 : 金の鈴

毛利志生子 著

王太子ラセルの家出の原因は、彼の出自に関して流された心ない噂だった。「ぼくがいなくなればいいと思ったんだ」と話すラセルに、リジムは前妻ティカルとの真実を明かし…。噂の責任追及び揺れる王宮の水面下では、ケレスが提案した「ある計画」のため、出兵の準備が始まっていた。そんな中、翠蘭は予定より早く出産の時を迎えて…!?動き始めた運命の歯車…もう誰にも止められない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風の王国 : 金の鈴
著作者等 毛利 志生子
書名ヨミ カゼ ノ オウコク : キン ノ スズ
シリーズ名 コバルト文庫
出版元 集英社
刊行年月 2007.12
ページ数 292p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-08-601099-3
NCID BA89031631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21339732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想