薬屋のひとりごと  4

日向夏 [著]

猫猫は友人の小蘭が後宮を出たあとの就職先を探していることを知る。猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作ろうと後宮内の大浴場に向かう。その折、気弱な里樹妃が幽霊を見たという話を聞いた猫猫は、それを解決すべく動き出す。一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが、新たな問題が浮上する。後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして-拉致される。宮廷で長年黒く濁っていた澱、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬屋のひとりごと
著作者等 日向 夏
書名ヨミ クスリヤ ノ ヒトリゴト
シリーズ名 ヒーロー文庫
巻冊次 4
出版元 主婦の友社
刊行年月 2015.10
ページ数 383p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-07-403100-9
NCID BB24531396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22634331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想