祈りの幕が下りる時

東野圭吾 [著]

明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 祈りの幕が下りる時
著作者等 東野 圭吾
書名ヨミ イノリ ノ マク ガ オリル トキ
書名別名 Inori no maku ga oriru toki
シリーズ名 講談社文庫 ひ17-33
出版元 講談社
刊行年月 2016.9
ページ数 443p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-293497-8
NCID BB22097754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22785897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想