軍神の血脈

高田崇史 [著]

薬剤師の早乙女瑠璃は、神風特攻隊の生き残りで祖父の修吉から、『太平記』を渡される。だが、楠木正成に関する部分を読むよう告げた修吉は、何者かに毒を射たれ、瀕死の重体に。事件の背後には秘密結社"南木の会"が。瑠璃は、祖父の命を救うため、元同級生で作家の京一郎とともに、正成の死に纏わる謎を追う!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 軍神の血脈
著作者等 高田 崇史
書名ヨミ グンシン ノ ケツミャク : クスノキ マサシゲ ヒデン
書名別名 楠木正成秘伝
シリーズ名 講談社文庫 た88-38
出版元 講談社
刊行年月 2016.3
ページ数 374p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-293333-9
全国書誌番号
22704969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想