眠る盃

向田邦子 著

「荒城の月」の「めぐる盃かげさして」の一節を「眠る盃」と覚えてしまった少女時代の回想の表題作をはじめ、なにげない日常から鮮やかな人生を切りとる珠玉の随筆集。知的ユーモアと鋭い感性を内に包んだ温かで魅力的な人柄が偲ばれる必読の書。文字が大きく読みやすく、カバーも絵の色を再現した新装版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(潰れた鶴
  • 金襴緞子 ほか)
  • 2(同行二人
  • 劇写 篠山紀信 ほか)
  • 男性鑑賞法(宮崎定夫
  • 岩田修 ほか)
  • 3(中野のライオン
  • 新宿のライオン ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眠る盃
著作者等 向田 邦子
書名ヨミ ネムル サカズキ
出版元 講談社
刊行年月 1979.10
版表示 新装版
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-293295-0
NCID BN06645591
BB21043432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80001605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想