国を蹴った男

伊東潤 [著]

信玄や信長、秀吉は天下に手を伸ばした名将でありながら、ときに義を忘れ欲から逃れられずに生涯を閉じた。一方で、彼らに翻弄されつつも恩を重んじ、自らの信念を貫き通した者たちがいた。明日なき乱世で、誇り高き牢人、茶人、職人らが命を賭して挑む、それぞれの戦いを活写する。吉川英治文学新人賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国を蹴った男
著作者等 伊東 潤
書名ヨミ クニ オ ケッタ オトコ
書名別名 Kuni o ketta otoko
シリーズ名 講談社文庫 い124-7
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 355p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-293115-1
NCID BB19335989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22565206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想