精霊の王

中沢 新一【著】

宿神=シャグジ。国家誕生とともに埋葬され、忘れられた精霊である。技芸者だけは、この後戸の神を創造の源として敬愛し続けた。蹴鞠名人・藤原成通、金春禅竹『明宿集』、中世期の宿神の軌跡を辿る。そして、縄文的要素の残る諏訪で出会う太古の記憶は不思議な感動を喚起する。ユーラシア的普遍性を持つ真の王を巡る壮大な人類精神史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 謎の宿神
  • 奇跡の書
  • 堂々たる胎児
  • ユーラシア的精霊
  • 緑したたる金春禅竹
  • 後戸に立つ食人王
  • 『明宿集』の深淵
  • 埋葬された宿神
  • 宿神のトポロジー
  • 多神教的テクノロジー
  • 環太平洋的仮説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精霊の王
著作者等 中沢 新一
金春 禅竹
書名ヨミ セイレイノオウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2018.3.9
ページ数 363p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-06-292478-8
NCID BB25728771
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想