宗教改革三大文書

マルティン・ルター [著] ; 深井智朗 訳

一五一七年に出現した「九五箇条の提題」は贖宥状を販売する教会を激しく批判し、全ヨーロッパを巻き込む宗教改革を勃発させた。マルティン・ルターによるこの記念碑的文書とともに、三年後に発表された『キリスト教界の改善について』、『教会のバビロン捕囚について』、『キリスト者の自由について』を収録。そのすべてを新訳で贈る、待望の文庫版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 贖宥の効力を明らかにするための討論(九五箇条の提題)
  • キリスト教界の改善について-ドイツのキリスト教徒貴族に宛てて
  • 教会のバビロン捕囚について-マルティン・ルターによる序
  • キリスト者の自由について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教改革三大文書
著作者等 Luther, Martin
深井 智朗
ルター マルティン
書名ヨミ シュウキョウ カイカク サンダイ ブンショ : フ キュウジュウゴカジョウ ノ テイダイ
書名別名 An den Christlichen Adel deutscher Nation von des Christilichen standes besserung

Disputatio pro declaratione virtutis indulgentiarum

付「九五箇条の提題」

Shukyo kaikaku sandai bunsho
シリーズ名 講談社学術文庫 2456
出版元 講談社
刊行年月 2017.9
ページ数 437p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292456-6
NCID BB24402509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22950041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想