儒教

浅野裕一 [著]

生涯のほとんどを無位無官で流浪した一介の匹夫・孔子。夢破れた男の妄執が、「受命なき聖人」の神話を生んだ。時に体制擁護のイデオロギーとして利用され、時に苛酷に弾圧されながら、その底に流れるルサンチマンは二千年余りの間、払拭されることはなかった。東アジア世界の精神的紐帯として機能してきた宗教の本質を抉り、そのイメージを一新する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 孔子という男
  • 第2章 受命なき聖人
  • 第3章 まやかしの孔子王朝
  • 第4章 神秘化される孔子
  • 第5章 孔子、ついに王となる
  • 第6章 儒教神学の完成
  • 終章 ルサンチマンの宗教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 儒教
著作者等 浅野 裕一
書名ヨミ ジュキョウ : オンネン ト フクシュウ ノ シュウキョウ
書名別名 怨念と復讐の宗教
シリーズ名 講談社学術文庫 2442
出版元 講談社
刊行年月 2017.8
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292442-9
NCID BB2422075X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22933417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想