交易する人間(ホモ・コムニカンス)

今村仁司 [著]

ヒトはなぜ交易するのか?いったい誰と、なにをやりとりし、それはいかなる意味をもつのか?ポトラッチ、歓待、クラ交易、供犠…。人間存在の根源をなす「負い目」と「贈与」の心性による相互行為が解体したとき、はじめて市場と資本主義が動きだす。マルセル・モースの独創的な着眼に学び、人間学に新地平を切り拓いた今村理論の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「"社会的"なもの」とは何か
  • 第2章 交易の構造
  • 第3章 交易としての労働-聖俗論の彼岸
  • 第4章 交易としての贈与-共有される負債
  • 第5章 神話的想像の動学-贈与と所有
  • 第6章 人間学の基本問題-贈与と威信
  • 第7章 「人格的所有」論-譲渡と非譲渡
  • 第8章 資本主義の誕生-贈与から交換へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交易する人間(ホモ・コムニカンス)
著作者等 今村 仁司
書名ヨミ ホモ コムニカンス : ゾウヨ ト コウカン ノ ニンゲンガク
書名別名 交易する人間

贈与と交換の人間学

Homo komunikansu
シリーズ名 講談社学術文庫 2363
出版元 講談社
刊行年月 2016.5
ページ数 315p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292363-7
NCID BB21186043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22728332
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想