東京の自然史

貝塚爽平 著

地殻変動(巨大地震で、地表面は数メートル移動)、氷期と間氷期の海水面変化(一〇〇メートル以上)、火山灰の堆積(数メートル以上)、河川による砂礫の堆積…。一〇〇万年超の東京の形成過程と江戸以来の開発による地形変化を解明。過密集住の東京を脅かす様々な災害。散歩ガイド・災害マップとして、必携の地形学による東京史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東京の自然
  • 2 武蔵野台地の土地と水
  • 3 氷河時代の東京
  • 4 下町低地の土地と災害
  • 5 東京湾の生いたち
  • 6 むすび-過去の東京から未来の東京へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京の自然史
著作者等 貝塚 爽平
書名ヨミ トウキョウ ノ シゼンシ
書名別名 Tokyo no shizenshi
シリーズ名 講談社学術文庫 2082
出版元 講談社
刊行年月 2011.11
ページ数 327p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292082-7
NCID BB07338141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22011700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想