梅一輪

徳冨蘆花 [著] ; 吉田正信 編

明治元年生まれ、昭和二年没。理想を求め、現実に躓き、なお人として良き道を往くべく苦闘した蘆花。熊本での幼少期、身近に砲声を聴いた西南戦争を背景に、ある一家の悲劇を描く「灰燼」、貧者救済を己に課し、異国で死ぬうら若い女性の凛とした生き方を、キリスト者の求道と人間的悩みの両面から描く「梅一輪」、農的生活の実践論「美的百姓」等、近代日本の光と影を一身に体現する蘆花文学の精髄二十四篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梅一輪
著作者等 吉田 正信
徳富 蘆花
徳冨 蘆花
書名ヨミ ウメ イチリン ; ショウナン ザッピツ ショウ : トクトミ ロカ サクヒンシュウ
書名別名 湘南雑筆(抄) : 徳冨蘆花作品集

Ume ichirin
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2008.1
ページ数 265p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290001-0
NCID BA84488662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21398216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想